かっこよく生きる為の三澤式体資本論がわかるオフィシャルブログ

『三澤威』の”プロレス式”4Dボディソウルエクササイズオフィシャルブログ

三澤威

三澤威

1989年6月、新日本プロレスに入門し同年10月22日にデビューするも、同年12月の獣神ライガー戦で頚椎損傷の重傷を負う。四肢麻痺となるも、一年半のリハビリ生活を経て復帰したが、再度頚椎を痛めて現役を離れる。その後、帝京医学技術専門学校と菅谷整骨院で医療技術を学び、柔道整復師の国家資格を習得。1996年より新日本プロレスメディカルトレーナーとなる。1999年にミサワ整骨院を開院。

現在は新日本プロレストレーニングディレクターも兼任し選手のトレーニングメニューも作成、指導にあたる。また、全日本プロレス、ハッスル、WWE日本公演、他プロレスリング興行にも参加。インスパイリングエクササイズ・メディカルアドバイザーや、他ビューテーアドバイザーなどを務める。

2008年より、新日本メディカルトレーナー協会を立ち上げ、メディカルトレーナー養成スクール、プロレス式トレーニングインストラクター養成講座、プロレス道場(プロレスラー養成)等を開講。 『ケガの予防と知識普及』をライフワークに全国で講演・実技を展開している。子供たちのためのイベント「FIGHTING AID」もプロデュース。

プロレスで学んできた”からだのこと”を、特に若きアスリートたちへ教え、正しいトレーニング法を身に着けてもらいたいと願い、ブログを通じて日々活動を続けています。是非、このブログをあなたの健康のバイブルとして読んでいただけると幸いです。

三澤威のfacebook

カテゴリー

Google+ページもチェック

三澤威の書籍

DSC_2772

ファイティングエイドから続くもの


LINEで送る

彼を始めて見たのは真冬の寒い大館武道館。
ファイティングエイドで行う総合格闘技ルールの試合に出てくれる選手を探しに、大館の格闘技サークル「大館ファイトクラブ」を視察に訪れたのだ。
高校生ながらシャープなセンスある動きをする彼を気に入った。
当時高校3年生。しかも私の母校である大館鳳鳴高校。部活は剣道部。
これは出てもらうしかない。
親の承諾をもらい、学校に出向き、出場の許可をお願いした。途中いろいろあったが無事にゴーサイン。
対戦相手はファイテイングエイドの発起人であり、病魔からの復帰第一戦となる小山央。
44歳VS高校3年生
闘いのゴング。
1ラウンドKO勝ち。
総合格闘技初試合。小山さんにはケガをさせないようお願いしてはいたが、それを抜きにして、開始早々の鋭いパンチが彼の非凡さを物語っていた。
彼は県警警察官への進路が決まっていたため、もったいないけど、彼の人生でこれが思い出の試合になっててくれればなと思った。
あれから1年半、新聞の記事で彼をみつけた。
プロボクシング、デビュー戦で勝利。中嶋隆成(山龍ジム)
DSC_2772
彼はプロボクサーになっていた。
ファイティングエイド大館のリングで僕はこうあいさつした。
「子供たちに夢を!そのためにはかつて子供だった僕らが夢をもって生きて欲しい。それが僕の願いです。」
中嶋選手は夢を持って自分の道を進んでいた。
ファイティングエイドが少しでもその後押しをしたのだとしたら、開催した意義があったというものだ。
次回FIGHTING AIDは愛知県小牧市で5・18開催。
夢もっていきます!
中嶋


こちらも合わせてお読みください

image 2014年04月08日 井上亘引退に寄せて
SONY DSC 2013年10月27日 22年ぶりの試合

プロレス式4Dボディソウルとは?
三澤威のプロレス式4Dボディソウル

セミナー・イベント情報

お問い合わせはコチラ

4Dインソール正規代理店
4Dインソール正規代理店

三澤威 Twitter