かっこよく生きる為の三澤式体資本論がわかるオフィシャルブログ

『三澤威』の”プロレス式”4Dボディソウルエクササイズオフィシャルブログ

三澤威

三澤威

1989年6月、新日本プロレスに入門し同年10月22日にデビューするも、同年12月の獣神ライガー戦で頚椎損傷の重傷を負う。四肢麻痺となるも、一年半のリハビリ生活を経て復帰したが、再度頚椎を痛めて現役を離れる。その後、帝京医学技術専門学校と菅谷整骨院で医療技術を学び、柔道整復師の国家資格を習得。1996年より新日本プロレスメディカルトレーナーとなる。1999年にミサワ整骨院を開院。

現在は新日本プロレストレーニングディレクターも兼任し選手のトレーニングメニューも作成、指導にあたる。また、全日本プロレス、ハッスル、WWE日本公演、他プロレスリング興行にも参加。インスパイリングエクササイズ・メディカルアドバイザーや、他ビューテーアドバイザーなどを務める。

2008年より、新日本メディカルトレーナー協会を立ち上げ、メディカルトレーナー養成スクール、プロレス式トレーニングインストラクター養成講座、プロレス道場(プロレスラー養成)等を開講。 『ケガの予防と知識普及』をライフワークに全国で講演・実技を展開している。子供たちのためのイベント「FIGHTING AID」もプロデュース。

プロレスで学んできた”からだのこと”を、特に若きアスリートたちへ教え、正しいトレーニング法を身に着けてもらいたいと願い、ブログを通じて日々活動を続けています。是非、このブログをあなたの健康のバイブルとして読んでいただけると幸いです。

三澤威のfacebook

カテゴリー

Google+ページもチェック

三澤威の書籍

2009-10-05T20_57_15-8e7d3

新人オーディションに歴史あり2


LINEで送る

プロレスがやりたいものから見るだけのものになってしまっている。数年前からそれをひしひしと感じていた。

昔より子供のプロレスファンが減ったせいもあるが、プロレスごっこもあまり見かけない。プロレスの技が高度になり、アクションの派手な技も増えたため、プロレスごっこが成り立たなくなったせいもあるし、格闘ごっこの遊び方、力加減のわからない子供が増えたという見方も出来る。

2年前に私は、新日本プロレス道場で「プロレス道場」なるものを始めた。そこには、プロ目指す人を育てると共に、プロレスごっごを安全に普及させ、それが出来る子供と、アマチュアのないプロレスの底辺を作るという狙いもあった。

今、プロレスは盛り上がりをみせ、ファンも多くなってきている。しかし子供たちの将来の夢とは別世界にある。プロレスラーに憧れる若者が増えた時が本当のプロレスブームなのだと思う。今回の公開新人オーディションは、世間への発信を含めたその第一歩にしか過ぎない。身長、年齢もかつての基準に戻した。今の新日本プロレスは、入門できる基準を甘くしていい時ではない。前回の1で書いたように、より多くの人材を入れようと撤廃した時期もあったが、時代とともに状況は変わる。そのタイミングは運でもあるが、それを超える意思と行動力を持つことも大切である。

show_news_icon1

今回のテストメニューは、テストとしては至極標準的な内容。出来てあたりまえのメニュー。しかも公開ということもあって、見栄え良くアピールタイムを先にして脱落者が少なくなるようスクワットも最後にしてある。最後のがんばりは絵になるが、欲を言えば、涼しい顔で終える者が欲しかった。ちなみに小松洋平選手はテストの時、プロレス道場で育てたせいもあるが、今回よりきついメニューを最後まで涼しい顔でこなしていた。僕がテストを受けた時は最初にスクワット1000回だったが、脱落者は少ししかいなかった。それを思うと、やはりテストに臨む準備が足りないと言えるだろう。だいたいのテストメニューは今まで様々な媒体で公開してきているのだ。

それは履歴書でもそうだ。本当に熱意があるかどうかは履歴書からも伝わる。残念ながら履歴書で落ちる者も多い。「本当にこいつは入りたいのか?」そんな書き方をしているのある。今回は約100通の応募があり、18名が体力テストへと通過。当日会場に来なかった者もいたため13名の公開テストとなった。

2009-10-05T20_57_15-8e7d3

まずは熱意が伝わるかである。そしてテストでは、今までの努力を見る。しかしそれだけではプロにはなれない。そこにセンス・才能。もって生まれた体格。それらを全て加味して合格者を決めていくのだ。そこにはその時にどんな人材が欲しいかというタイミングも含まれる。(続く)

 

 


こちらも合わせてお読みください

image 2014年04月08日 井上亘引退に寄せて
肩 2014年05月31日 自由な肩関節

プロレス式4Dボディソウルとは?
三澤威のプロレス式4Dボディソウル

セミナー・イベント情報

お問い合わせはコチラ

4Dインソール正規代理店
4Dインソール正規代理店

三澤威 Twitter