かっこよく生きる為の三澤式体資本論がわかるオフィシャルブログ

『三澤威』の”プロレス式”4Dボディソウルエクササイズオフィシャルブログ

三澤威

三澤威

1989年6月、新日本プロレスに入門し同年10月22日にデビューするも、同年12月の獣神ライガー戦で頚椎損傷の重傷を負う。四肢麻痺となるも、一年半のリハビリ生活を経て復帰したが、再度頚椎を痛めて現役を離れる。その後、帝京医学技術専門学校と菅谷整骨院で医療技術を学び、柔道整復師の国家資格を習得。1996年より新日本プロレスメディカルトレーナーとなる。1999年にミサワ整骨院を開院。

現在は新日本プロレストレーニングディレクターも兼任し選手のトレーニングメニューも作成、指導にあたる。また、全日本プロレス、ハッスル、WWE日本公演、他プロレスリング興行にも参加。インスパイリングエクササイズ・メディカルアドバイザーや、他ビューテーアドバイザーなどを務める。

2008年より、新日本メディカルトレーナー協会を立ち上げ、メディカルトレーナー養成スクール、プロレス式トレーニングインストラクター養成講座、プロレス道場(プロレスラー養成)等を開講。 『ケガの予防と知識普及』をライフワークに全国で講演・実技を展開している。子供たちのためのイベント「FIGHTING AID」もプロデュース。

プロレスで学んできた”からだのこと”を、特に若きアスリートたちへ教え、正しいトレーニング法を身に着けてもらいたいと願い、ブログを通じて日々活動を続けています。是非、このブログをあなたの健康のバイブルとして読んでいただけると幸いです。

三澤威のfacebook

カテゴリー

Google+ページもチェック

三澤威の書籍

IMG_8447

新人オーデションに歴史あり3


LINEで送る

僕の世代や先輩世代には、「プロレスラーになりたかったんです。」という方がけっこういる。

プロレスラーになりたいな、という夢をもちながら、なることは叶わず違う職業に生きている方々だ。

今は、というと、そういう人は少ない。

わりとなれてしまうのだ。プロレスラーに。団体を問わなければ、である。

プロレスラーになりたい者が多くいて、なれなかった者が多くいてこそ、プロレスという世界を価値あるものにするのだと思う。なれなかった者は、その悔しさをばねに他の世界で活躍し成功する。なれなかったからこそがんばれる構図がある。しかし今、そのレベルを問わなければプロレスラーにはなれてしまう。なまじプロレスラーと名乗れてしまった彼らは、他の世界でがんばることができなくってしまうのだ。必死さと悔しさが薄れて行く社会。

僕が新日本プロレスに入門するときは、世捨て人のような覚悟で入門した。アパートを解約し荷物を整理し、わずかの着替えと自転車で入寮した。たまにアパートを残して入門してくる者もいるが、そういう人はやはり簡単に逃げてしまう。もう一般の社会には戻らない、すぐに辞める者はそんな覚悟が薄い気がする。

IMG_0995(入門願書写真18歳)

諦めず頑張って頑張って必死に夢を実現することと、頑張っても頑張っても叶わぬ夢。これは表裏一体である。この構図の崩れた社会はプロレス界だけではなかろう。しかしこの構図がプロレスラーの価値を高め、プロレスを価値あるものにするのだ。

多くの人がそれを目指し集まるが、本当に成るには厳しい世界。それがここ何年もかけて僕が目指している入門テストのあり方である。

目指すなら最高峰を目指して欲しい。そしてそのための努力をして欲しい。次回、新人オーデションに多くの夢追う若者たちが集うのを願いながら。(完)

IMG_8447(入門願書写真18歳)


こちらも合わせてお読みください

image 2014年09月14日 ありがとう、パール
SONY DSC 2013年10月27日 22年ぶりの試合

プロレス式4Dボディソウルとは?
三澤威のプロレス式4Dボディソウル

セミナー・イベント情報

お問い合わせはコチラ

4Dインソール正規代理店
4Dインソール正規代理店

三澤威 Twitter