かっこよく生きる為の三澤式体資本論がわかるオフィシャルブログ

『三澤威』の”プロレス式”4Dボディソウルエクササイズオフィシャルブログ

三澤威

三澤威

1989年6月、新日本プロレスに入門し同年10月22日にデビューするも、同年12月の獣神ライガー戦で頚椎損傷の重傷を負う。四肢麻痺となるも、一年半のリハビリ生活を経て復帰したが、再度頚椎を痛めて現役を離れる。その後、帝京医学技術専門学校と菅谷整骨院で医療技術を学び、柔道整復師の国家資格を習得。1996年より新日本プロレスメディカルトレーナーとなる。1999年にミサワ整骨院を開院。

現在は新日本プロレストレーニングディレクターも兼任し選手のトレーニングメニューも作成、指導にあたる。また、全日本プロレス、ハッスル、WWE日本公演、他プロレスリング興行にも参加。インスパイリングエクササイズ・メディカルアドバイザーや、他ビューテーアドバイザーなどを務める。

2008年より、新日本メディカルトレーナー協会を立ち上げ、メディカルトレーナー養成スクール、プロレス式トレーニングインストラクター養成講座、プロレス道場(プロレスラー養成)等を開講。 『ケガの予防と知識普及』をライフワークに全国で講演・実技を展開している。子供たちのためのイベント「FIGHTING AID」もプロデュース。

プロレスで学んできた”からだのこと”を、特に若きアスリートたちへ教え、正しいトレーニング法を身に着けてもらいたいと願い、ブログを通じて日々活動を続けています。是非、このブログをあなたの健康のバイブルとして読んでいただけると幸いです。

三澤威のfacebook

カテゴリー

Google+ページもチェック

三澤威の書籍

__

大館凱旋を振り返って


LINEで送る

今年2月に地元大館市でFIGHTING AIDを行った。

それなりの爪痕を残したものの、まだまだという思いがあった。長年大館でプロモーターをしているUWFプロモートさんに相談したところ、急遽10月24日のWAVE大会でエキシビションマッチが決定。相手には、教え子である稲葉大樹をブッキングしてもらった。正直、大館には伝わらないマッチメイク。しかし、僕にとっては意味のある試合。この意味を伝えることがこの試合をやる意味。

1379274_246711505485410_1934340025_n

これに反応した、以前から僕に興味をもってもらっていた小学校の校長先生から、講演を頼まれる。FIGHTING AIDを大館でやったときのテーマでもある、「夢を追い続けて欲しい、しかし、その夢をあきらめなくてはならなくなった時、人はどう生きるのか?」を子供たちに伝えて欲しいと。

1375816_380545362078572_510993707_n

1376548_380545282078580_1041054633_n

12

エキシビションマッチも講演もセミナーも、根底にある思いは一緒。

すぐに結果を求めたがる赤本世代。人生の答えはすぐには出ない。今出した答えが後から違うと気づくこともあるし、今捨てた答えが後から正解だと思うこともある。

回りまわって、僕は43歳にして故郷のリングにたった。これを23歳の僕は考えてもいなかった。でもこれが答えであり、またその答えは次の人生へと続いて行く。

11

地元新聞では一面に載せてくれた。これはFIGHTING AIDからの流れの上にあるのだし、マッチメークを組んでくれたプロモーター、WAVE,応援してくれた友人、学校、新聞社、多くの協力を得ながら発信したメッセージの結果である。

__

全ては流れの上にあり、全てはつながっている。

人生を点ではなく、線でみる。答えをすぐに求める生き方をやめて、未来に向かおうではないか。


こちらも合わせてお読みください

image 2014年09月14日 ありがとう、パール

プロレス式4Dボディソウルとは?
三澤威のプロレス式4Dボディソウル

セミナー・イベント情報

お問い合わせはコチラ

4Dインソール正規代理店
4Dインソール正規代理店

三澤威 Twitter