かっこよく生きる為の三澤式体資本論がわかるオフィシャルブログ

『三澤威』の”プロレス式”4Dボディソウルエクササイズオフィシャルブログ

三澤威

三澤威

1989年6月、新日本プロレスに入門し同年10月22日にデビューするも、同年12月の獣神ライガー戦で頚椎損傷の重傷を負う。四肢麻痺となるも、一年半のリハビリ生活を経て復帰したが、再度頚椎を痛めて現役を離れる。その後、帝京医学技術専門学校と菅谷整骨院で医療技術を学び、柔道整復師の国家資格を習得。1996年より新日本プロレスメディカルトレーナーとなる。1999年にミサワ整骨院を開院。

現在は新日本プロレストレーニングディレクターも兼任し選手のトレーニングメニューも作成、指導にあたる。また、全日本プロレス、ハッスル、WWE日本公演、他プロレスリング興行にも参加。インスパイリングエクササイズ・メディカルアドバイザーや、他ビューテーアドバイザーなどを務める。

2008年より、新日本メディカルトレーナー協会を立ち上げ、メディカルトレーナー養成スクール、プロレス式トレーニングインストラクター養成講座、プロレス道場(プロレスラー養成)等を開講。 『ケガの予防と知識普及』をライフワークに全国で講演・実技を展開している。子供たちのためのイベント「FIGHTING AID」もプロデュース。

プロレスで学んできた”からだのこと”を、特に若きアスリートたちへ教え、正しいトレーニング法を身に着けてもらいたいと願い、ブログを通じて日々活動を続けています。是非、このブログをあなたの健康のバイブルとして読んでいただけると幸いです。

三澤威のfacebook

カテゴリー

Google+ページもチェック

三澤威の書籍

image

ありがとう、パール


LINEで送る

9月13日の夜、一週間ほどの巡業から我が家へ帰る。
愛犬パールが尻尾をお尻全体、いや体全体で振りながら駆け寄って来る姿がいつもの光景である。

が、その姿はもう見られない。

9月11日、パールは永眠した。

2005年にパールは我が家にやって来た。
新日本プロレスの道場から、ワカとモモを引き取り、ワカが亡くなった後の話だ。
我が家で、病気のワカを看病してもらったご褒美として、欲しがっていたアメリカンコッカ―スパニエルを招き入れたのだ。
ワカとモモを引き取らなければ、パールは我が家にきていなかったことになるのだからこれも宿命。
ワカ亡き後、おばあちゃんになって残されたモモの良き相手となってくれた、子どもの頃のパール。

image

1image

しばらくしてモモも亡くなり、今では我が家は、犬、猫、合わせて6匹。他にハリネズミなど、動物一家になりつつある。
でも、いつもその中心にいたのはパール。テンション高く駈けずり回っていた。

動物を飼っていると、必ず訪れるその時だけど、やはり悲しい。
あのテンションの高い姿と、やばい顔がもう見られないなんて。
P1010653

夏に秋田へ行ったのが最後の大移動。
田舎道を長時間散歩した。
image2
水好きのパールは田んぼの水路に入り大興奮。
今年は海に行けなかったけど、毎年、海でも泳いだね。

思い出はつきないや。
楽しい時間、幸せな時間をいっぱいありがとう。
これから最後のお別れ。
ワカ、モモと一緒のところで火葬しておくります。

モモ、パールはあの頃と違い、子供ではなく、おばあちゃんになっちゃったけど、相手してあげてね。
よろしくです。


こちらも合わせてお読みください

image 2014年04月08日 井上亘引退に寄せて

プロレス式4Dボディソウルとは?
三澤威のプロレス式4Dボディソウル

セミナー・イベント情報

お問い合わせはコチラ

4Dインソール正規代理店
4Dインソール正規代理店

三澤威 Twitter