かっこよく生きる為の三澤式体資本論がわかるオフィシャルブログ

『三澤威』の”プロレス式”4Dボディソウルエクササイズオフィシャルブログ

三澤威

三澤威

1989年6月、新日本プロレスに入門し同年10月22日にデビューするも、同年12月の獣神ライガー戦で頚椎損傷の重傷を負う。四肢麻痺となるも、一年半のリハビリ生活を経て復帰したが、再度頚椎を痛めて現役を離れる。その後、帝京医学技術専門学校と菅谷整骨院で医療技術を学び、柔道整復師の国家資格を習得。1996年より新日本プロレスメディカルトレーナーとなる。1999年にミサワ整骨院を開院。

現在は新日本プロレストレーニングディレクターも兼任し選手のトレーニングメニューも作成、指導にあたる。また、全日本プロレス、ハッスル、WWE日本公演、他プロレスリング興行にも参加。インスパイリングエクササイズ・メディカルアドバイザーや、他ビューテーアドバイザーなどを務める。

2008年より、新日本メディカルトレーナー協会を立ち上げ、メディカルトレーナー養成スクール、プロレス式トレーニングインストラクター養成講座、プロレス道場(プロレスラー養成)等を開講。 『ケガの予防と知識普及』をライフワークに全国で講演・実技を展開している。子供たちのためのイベント「FIGHTING AID」もプロデュース。

プロレスで学んできた”からだのこと”を、特に若きアスリートたちへ教え、正しいトレーニング法を身に着けてもらいたいと願い、ブログを通じて日々活動を続けています。是非、このブログをあなたの健康のバイブルとして読んでいただけると幸いです。

三澤威のfacebook

カテゴリー

Google+ページもチェック

三澤威の書籍

image

あるスポーツ選手の堕ちる事象に寄せて


LINEで送る

堕ちる。
どこまでも堕ちていく。

 

この誘惑に誘われたことのある者は、人生のどこかで平凡な人生ではなく、普通に生きていては味わえない絶え間ない刺激と興奮のある人生、高みを目指したことのある者であろう。

 

薬物にはまり、そこに頼り、堕ちてしまった、かつて有名だったスポーツ選手。
高みを目指し生きるのと、堕ちて生きるのは、紙一重。表裏一体。
高みに生きられないのなら、思いっきりの底で生きる。
振り子は、両極端に振れる。
そう生きるしかしょうがなかったのだから。振り子が途中で止まるということを知らなかったのだから。
しかし振り子は途中で止めることもできる。自分がストップをかけさえすれば。
例え勢いが強くて、自分が望んだところで止まらなくても、時間をかけて好きなところに動かすことができる。その動かし方を知ってさえいれば。
残念ながら、多くの高みを目指した者は、その振り子の止め方もコントロールの仕方も知らない。
当然である。誰も教えてくれないし、高みから落ちる時には、それまでいた多くの人は去ってしまうのだから。
孤独。
だから堕ちて行く。
どこまでも登る感覚と、どこまでも堕ちる感覚。そのスピード感が早ければ早いほど、それは同じ恍惚感をもたらすのかもしれない。

 

同情ではない。多くの者が単に否定するであろうが、一度でも高みを目指した者なら分かる。そう生きるしかなかったのだと。
僕も堕ちたいと思ったことはある。その誘惑は強い。
でも。そう成る者と成らざる者の違い。

 

それは、人とのつながり、世間とのつながり、社会とのつながりである。
独りぼっちなのか、誰か側にいるのか。
何処ににつながるか、誰とつながるか。
高みから下る時に自分の立ち位置を見つける。
時には新たな高みを目指す。
それが出来るかどうか。

 

僕はこの位置で振り子を止めたい!

 

そう思う意思が重要である。そして、そう思わせるのが、人との、世間とのつながりでる。その時、誰と出会うか、誰と繋がっているか。。
人とつながっていなければ、人は簡単に堕ちていける。つながっていなければストッパーはないのだ。

 

僕は堕ちて行く者の気持ちが痛いほど分かる。
でも、やはりそれは止めなくてははならない。
そのためには、人と、世間とつながり続けることなのだと思う。
自分の内なる世界に閉じないために。
一度でも世間に夢を与えた責任を全うするために。

 

image


こちらも合わせてお読みください

肩 2014年05月31日 自由な肩関節
image 2014年09月14日 ありがとう、パール

プロレス式4Dボディソウルとは?
三澤威のプロレス式4Dボディソウル

セミナー・イベント情報

お問い合わせはコチラ

4Dインソール正規代理店
4Dインソール正規代理店

三澤威 Twitter