かっこよく生きる為の三澤式体資本論がわかるオフィシャルブログ

『三澤威』の”プロレス式”4Dボディソウルエクササイズオフィシャルブログ

三澤威

三澤威

1989年6月、新日本プロレスに入門し同年10月22日にデビューするも、同年12月の獣神ライガー戦で頚椎損傷の重傷を負う。四肢麻痺となるも、一年半のリハビリ生活を経て復帰したが、再度頚椎を痛めて現役を離れる。その後、帝京医学技術専門学校と菅谷整骨院で医療技術を学び、柔道整復師の国家資格を習得。1996年より新日本プロレスメディカルトレーナーとなる。1999年にミサワ整骨院を開院。

現在は新日本プロレストレーニングディレクターも兼任し選手のトレーニングメニューも作成、指導にあたる。また、全日本プロレス、ハッスル、WWE日本公演、他プロレスリング興行にも参加。インスパイリングエクササイズ・メディカルアドバイザーや、他ビューテーアドバイザーなどを務める。

2008年より、新日本メディカルトレーナー協会を立ち上げ、メディカルトレーナー養成スクール、プロレス式トレーニングインストラクター養成講座、プロレス道場(プロレスラー養成)等を開講。 『ケガの予防と知識普及』をライフワークに全国で講演・実技を展開している。子供たちのためのイベント「FIGHTING AID」もプロデュース。

プロレスで学んできた”からだのこと”を、特に若きアスリートたちへ教え、正しいトレーニング法を身に着けてもらいたいと願い、ブログを通じて日々活動を続けています。是非、このブログをあなたの健康のバイブルとして読んでいただけると幸いです。

三澤威のfacebook

カテゴリー

Google+ページもチェック

三澤威の書籍

image

新人オーディションに歴史あり1


LINEで送る

先日、新日本プロレスの公開オーディションを行った。私の立場は審査委員長。入門テストの担当を行ってから13年くらいになる。

プロレスの入門希望者の多さは、やはりプロレス人気に左右される。世間での人気が落ちれば入門希望者も減る。かつて何百通と集まった履歴書もプロレス人気の低迷ととも、かなりの少なさになって来ていた。私が入門テストを担当するようになったのは、ちょうどそんな時期であった。

その道を目指す若者が減り、育たなければ、その世界は衰退する。僕は常にそう思っている。どんな時期でも若手は育て続けなくていけない。僕は希望者を集めるための行動に出た。

身長180センチ以上の制限を撤廃し、ジュニア戦士大募集を行った頃。

image

この時は大勢の入門希望者が集まった。結果として合格したのは中邑選手、後藤選手といった高身長の者であったが。

この後、入門希望者冬の時代に突入。話題つくりをかねて、「ニートよ来たれ」を行ったりもした。

dojyo3

これは産経新聞にもとりあげられた。一部まじめなファンから叩かれもしたが、話題性と、悶々としている若者へ目を向けさせるなど、狙い通りの効果は果たしたと思う。

同時に週間ゴングに、テスト項目と練習法を連載。夢を実現させるための準備、具体案を示した。

dojyo5

 

ポスター、チラシを作成し、全国の会場、ジムなどにも募集展開をした。

image

その後も冬の時代は続き、打開策として、身長。体重、スポーツ歴も撤廃 し、週間プロレスとタイアップし、道場門戸解放宣言なども行った。

dojyo4

これは、敷居は下げないが底辺まで開拓しようという試み。通常の何倍もの希望者が集まった。

いかに多くの入門希望者を集めるか?この10数年はそんな試みの連続であった。そして、新日本プロレスはブシロード体制に突入。僕はオーナーに相談を行った。(続く)


こちらも合わせてお読みください

SONY DSC 2013年10月27日 22年ぶりの試合
image 2014年09月14日 ありがとう、パール

プロレス式4Dボディソウルとは?
三澤威のプロレス式4Dボディソウル

セミナー・イベント情報

お問い合わせはコチラ

4Dインソール正規代理店
4Dインソール正規代理店

三澤威 Twitter