かっこよく生きる為の三澤式体資本論がわかるオフィシャルブログ

『三澤威』の”プロレス式”4Dボディソウルエクササイズオフィシャルブログ

三澤威

三澤威

1989年6月、新日本プロレスに入門し同年10月22日にデビューするも、同年12月の獣神ライガー戦で頚椎損傷の重傷を負う。四肢麻痺となるも、一年半のリハビリ生活を経て復帰したが、再度頚椎を痛めて現役を離れる。その後、帝京医学技術専門学校と菅谷整骨院で医療技術を学び、柔道整復師の国家資格を習得。1996年より新日本プロレスメディカルトレーナーとなる。1999年にミサワ整骨院を開院。

現在は新日本プロレストレーニングディレクターも兼任し選手のトレーニングメニューも作成、指導にあたる。また、全日本プロレス、ハッスル、WWE日本公演、他プロレスリング興行にも参加。インスパイリングエクササイズ・メディカルアドバイザーや、他ビューテーアドバイザーなどを務める。

2008年より、新日本メディカルトレーナー協会を立ち上げ、メディカルトレーナー養成スクール、プロレス式トレーニングインストラクター養成講座、プロレス道場(プロレスラー養成)等を開講。 『ケガの予防と知識普及』をライフワークに全国で講演・実技を展開している。子供たちのためのイベント「FIGHTING AID」もプロデュース。

プロレスで学んできた”からだのこと”を、特に若きアスリートたちへ教え、正しいトレーニング法を身に着けてもらいたいと願い、ブログを通じて日々活動を続けています。是非、このブログをあなたの健康のバイブルとして読んでいただけると幸いです。

三澤威のfacebook

カテゴリー

Google+ページもチェック

三澤威の書籍

SONY DSC

22年ぶりの試合


LINEで送る

2013年10月24日、秋田県大館市、私の故郷にてエキシビションマッチながら22年ぶりのプロレスの試合を行った。ファイティングエイドではリングに上がっているが、あれはメデッスルというジャンル。純粋なプロレスの試合は22年ぶりとなる。

SONY DSC

そうか、あれから22年も経つのか。最後の試合が、1991年11月、後楽園ホールで保永さんとの試合。22年という年月。0歳の子供が大学を出て社会人となる年月。その年月を、僕はリングに上がることのないプロレスラーとして過ごして来た。今回の試合前、前日に行われた小学校での講演で、僕は、「職業ではなく生き方としてプロレスラーを選んだ。」と語った。そう、プロレスラーとは職業ではなく生き方。だから僕はこうして生きて来れたのだ。プロレスラーてして。

試合をしなくても、プロレスラーらしく生きる、プロレスラーらしくとは、僕がプロレスラーになる前に描いた憧れ。強く、かっこよく、やさしく、人の出来ないことをする、あくなきチャレンジ、ネバーギブアップ、そんな子供のころに憧れた全てである。だからこそ職業ではなく生き方。

SONY DSC

そして2013年、僕は故郷のリングで試合をした。相手は稲葉大樹。武藤さんの新団体、W-1の若手である。彼は僕の経営するミサワ整骨院で働いていた。もともとプロレスファンで、僕のもとで働きたいと熊本から上京して来たのだ。そんな彼がある日、プロレスラーになりたいと打ち明けてきた。整骨院の戦力として育てて来ただけに痛かったが、ちょうどその時期、私がプロレス学校を開いていたので、そこで練習を教え、無事に全日本プロレスに入門を果たしたのだ。

彼がプロレス入りをしたのが23歳。僕がプロレスから治療家の道へ足を踏み入れたが23歳。奇しくも、23歳で、一人はプロレスから治療家へ、一人は治療家からプロレスへ。その二人が師弟関係として関係を持った。そして、リングで交える。こんなおもしろいことがあろうか。

22年ぶりの試合。不思議と体は動くが、やはり息が続かない、これより凄いことを年間何試合もしているプロレスラーはやはり超人である。あらためてプロレスラーの凄さを感じた。

SONY DSC

しかし、22年の時を経て故郷で試合をするとは。

僕は4年前に引退試合を画策したことがあった。新日本プロレスの大会で会場は後楽園ホール、発表は日本経済新聞で行った。準備は全て整っていた。しかし様々な状況のなかで引退試合は中止。かなりネットを探せもした。しかしそのおかげでファイテイングエイドが誕生し、今回の試合も行われた。人生はどう転がるか、どう進むか分からない。これは短期的な視野ではわからないことである。そしてだからこそ人生はおもしろい。To be continued.

 

 


こちらも合わせてお読みください

SONY DSC 2013年10月27日 22年ぶりの試合
肩 2014年05月31日 自由な肩関節

プロレス式4Dボディソウルとは?
三澤威のプロレス式4Dボディソウル

セミナー・イベント情報

お問い合わせはコチラ

4Dインソール正規代理店
4Dインソール正規代理店

三澤威 Twitter