かっこよく生きる為の三澤式体資本論がわかるオフィシャルブログ

『三澤威』の”プロレス式”4Dボディソウルエクササイズオフィシャルブログ

三澤威

三澤威

1989年6月、新日本プロレスに入門し同年10月22日にデビューするも、同年12月の獣神ライガー戦で頚椎損傷の重傷を負う。四肢麻痺となるも、一年半のリハビリ生活を経て復帰したが、再度頚椎を痛めて現役を離れる。その後、帝京医学技術専門学校と菅谷整骨院で医療技術を学び、柔道整復師の国家資格を習得。1996年より新日本プロレスメディカルトレーナーとなる。1999年にミサワ整骨院を開院。

現在は新日本プロレストレーニングディレクターも兼任し選手のトレーニングメニューも作成、指導にあたる。また、全日本プロレス、ハッスル、WWE日本公演、他プロレスリング興行にも参加。インスパイリングエクササイズ・メディカルアドバイザーや、他ビューテーアドバイザーなどを務める。

2008年より、新日本メディカルトレーナー協会を立ち上げ、メディカルトレーナー養成スクール、プロレス式トレーニングインストラクター養成講座、プロレス道場(プロレスラー養成)等を開講。 『ケガの予防と知識普及』をライフワークに全国で講演・実技を展開している。子供たちのためのイベント「FIGHTING AID」もプロデュース。

プロレスで学んできた”からだのこと”を、特に若きアスリートたちへ教え、正しいトレーニング法を身に着けてもらいたいと願い、ブログを通じて日々活動を続けています。是非、このブログをあなたの健康のバイブルとして読んでいただけると幸いです。

三澤威のfacebook

カテゴリー

Google+ページもチェック

三澤威の書籍

IMG_6407

シュマリ・・・世界はこの空でつながっている


LINEで送る

中邑真輔が新日本プロレスを退団しWWEへ行く。新日本プロレスでは壮行試合が行われた。
多くのファンはこれをお別れと捉えた。だが僕はこれをお別れとは捉えていない。
日常というミクロな視点から捉えると、そこに居なくなってしまう感覚だが、この世界にいるというマクロな視点から捉えると、これからもそこにいるという感覚だ。
僕はこれを、手塚治虫さんのマンガから学んだのだと思う。
手塚治虫さんの「シュマリ」というマンガがある。詳しいストーリーは避けるが、主人公シュマリが明治の初めの北海道で生き、さらには世界へ飛び出して行く歴史ロマンである。
シュマリはいつも空を見上げる。

51hhpylG5dL__SX258_BO1,204,203,200_

FullSizeRender2
「動くなあ 雲が! どうだ この 雲の広さ・・・・」

 

このセリフで、僕は世界は広いのだとい言うことを知り、世界へ行ってみたいという思いにさせられたのかもしれない。

時を経て、世界へ出たシュマリは愛した女性と離れて生きるが、その女性はつぶやく。
FullSizeRender
「あんた・・・ あんたと私とは この空でつながってるんだよ・・・!」

 

世界はつながっている。
時も空間も越えて。
だから、この出来事を嘆くことなど何もないのだ。

ただ一つ、ミクロな視点から見ると、場末仲間がいなくなるのかなと。
過去を振り返ってみても、なぜか僕の飲み仲間はいなくなる。西村、吉江・・・。
チェーン店には行かない、地元のお店を開拓する、つるまない、好きなように飲む、時間と空間を味わう、人の悪口はどうでも良い、発展のない話はしない、刺激を求める・・・。
同じような人が自然と集まって飲むのだから、みんな自分の道を生きるのは必然。

飲みの空間ではいろいろな話をするが、それはたわいもない話。
かつて、中邑選手に一度だけお礼を言われたことがある。
中邑選手がアントニオ猪木さんに向けて発言した時に書いたブログに対してだ。
2009年10月14日の配信になっている。

 

「赤本世代の君たちへ」
私はアントニオ猪木に憧れこの世界に入った。
だからこそ新日本プロレスを選んだ。
他の何者でもないアントニオ猪木=新日本プロレスであったのだ。
時は流れ、今の新日本プロレスに猪木さんはいなく、IGFという団体がある。
でもやはり新日本プロレスの歴史に猪木さんは欠かせない、というかありきである。
中邑真輔の発言を都合良く解釈する者のなんと多いことか。
これは短絡的な話ではない。
揚げ足を取るがごとくここで書くのは簡単であるが、昔からの新日本プロレスファンは本当はみんな分かっているであろう。
外野はただそれをビジネスに結びつけているだけ、いや今ある自分の属する世界を正当化したいだけ。
アントニオ猪木の名前を出すと言うこと。
それは今の世の中にありがちな短絡的な結果を求める○×式回答の世界ではない。
新日本プロレスという世界への根本的な問いであり、正解のない世界への旅であり、誰かがスイッチを押さなくてはいけないエントロピー減少へのスイッチである。
そこへ踏み出した旅。
それを受け入れずしてなんのプロレス界か。
世間と違う世界にあるのがプロレス界ではないのか。
すぐに回答を求めたがる赤本世代。
ページをめくれば回答がある、そんな世の中は現実ではない。
まして正解があるとはかぎらない。
回答を求めてもっと模索しようではないか。

 

IMG_6482
IMG_9958
IMG_6491
IMG_6407

 

今は当時よりもっと理解者が多いであろう。
中邑真輔選手、自分の思う道を生きて下さい。そしてみなさんも。
僕も自分の道を生きます。今までも、これからも。


こちらも合わせてお読みください

image 2014年04月08日 井上亘引退に寄せて
肩 2014年05月31日 自由な肩関節

プロレス式4Dボディソウルとは?
三澤威のプロレス式4Dボディソウル

セミナー・イベント情報

お問い合わせはコチラ

4Dインソール正規代理店
4Dインソール正規代理店

三澤威 Twitter